看護師の給与・年収・年収

看護師の給与・年収・年収

 看護師の給与はどれくらいでしょうか。説明していきます。

 

 

 

看護師の月収・年収

 看護師というと女性の仕事でありながら、夜勤などこなすとそれなりに稼げるという印象があるかもしれません。実際、看護師はどれくらい給料をもらっているのでしょうか?看護師と准看護師に分けて説明していきます。

 

看護師の月収

 大卒のナースの初任給の平均は204683円です(2013年)。大卒でないナースの初任給の平均は197689円です。(2013年)勤続10年の31〜32歳非管理職の看護師の月額給付は、244392円です。(2013年)。これらの給与額は、通勤手当、住宅手当、家族手当、夜勤手当、当直手当を含み時間外勤務の手当は除いたものです。

 

看護師の年収

 看護師の平均年収は、4743000円(平成23年度厚生労働省・賃金構造基本統計調査)です。

 

看護師の給与 安い?高い?

 これは、女性の全70職種の平均年収ランキングの中で11位でした。また、全労働者平均年収よりもかなり高い水準の給与額です。

 

もっと稼ぐには

 給与水準が高い病院に転職するのはもちろん、管理職を目指すことが稼ぐ道への第一歩でしょう。管理職になるために、看護管理に関する研修に積極的に参加し、スキルを身につけることが大事です。
 また、高待遇の職場への転職を考える場合、転職前の空いた時間に、日本看護協会が定めている認定看護管理者のファーストレベルを受講することをおすすめします。この資格は、三段階に分かれているのですが、ファーストレベルは150時間の講習を受ける必要があります。約3ヶ月もの時間がかかりますので、転職前の空いた時間にファーストレベルを受けておくと、転職後に管理職を目指す上で非常に有利になります。週2だけ開講する教育期間もありますから、働きながらファーストレベルの受講も可能です。

 

 

 

 

准看護師の給与

 准看護師の給与について説明していきます。

 

年収はいくら?

 年収399万円ほどです。准看護師は、看護師とほぼ同じ業務内容にもかかわらず、看護師の平均年収約470万円と70万円ほども違います。しかもこの年収を取った母数になる人たちの平均年齢は、准看護師が47.4歳なのに対し、看護師は38.3歳です。そして勤続年数にも差があり、看護師の平均勤続年数7.5年に対し准看護師は10.4年です。
 つまり、准看護師は看護師に比べ年齢も高く、経験豊富でかつ職務内容もほとんど変わらないにもかかわらず、その給与はかなり低いのです。

 

年収を上げるには?看護師へのステップアップ

 年収を上げるには、看護師へのステップアップをはかるのが良いでしょう。看護師になるには高等学校専攻科もしくは看護短大又は看護師養成所で2年間もしくは3年間(定時制)学び、国家試験を受けるという方法か、准看護師の資格取得後、通算就業経験10年(120か月以上)業務に従事し、看護短大もしくは看護師養成所で2年間学び、国家試験を受けるという方法があります。10年以上業務に従事した准看護師は通信制大学でも看護師にステップアップできます。

 

 

看護短大などの資料請求については、以下の【なるには進学サイト】がおすすめです。

 

 

おすすめ転職サイトランキング

看護師が転職するには、転職サイトに登録するのがオススメ!
忙しくても、自分の理想の仕事を紹介してくれるので、転職活動をすることができます。
これでより良い転職ができかも♪

転職サイトは複数利用するのがオススメ!それはサービスによって優れている点が違うからです。
いくつかのサービスを併用することで、良いところ取りができるというわけ!

当ホームページでは特に以下の転職サイトをおすすめしています。
ランキングされている転職サイト名をクリックすると、そのサービスにジャンプします。

1位

看護のお仕事

2位

医療ワーカー 

3位

 マイナビ看護師

4位

 ナースパワー

5位

 ナース人材バンク

サブメニュー


転職サイトランキング比較 転職方法とメリット・デメリット サイトマップ